3.11 職員の防災訓練

DSCN5257職員の中から、この日にフロアーの職員で、実際に災害が起こった時に、万が一利用者の方々を避難させなければならない状況になった時の訓練をしてみたいとの声が上がりました。フロアーのミーテDSCN5248ィングを終え、訓練にうつりました。今回はまず、シーツを使って4人で運んでみるという体験をしました。毛布などでやる指導を受けてきたスタッフが指導者になり、安全に気を付けながらの体験でした。何とか無事に移動ができ、階段を降りるときの大変さや、難しさも感じました。持ち上げられる利用者の役もやってみましたが、さすがに若干の恐怖を感じました。その時の職員の掛け声などで、少しホッとすることも学びました。実際は、プロの消防隊の到着を待ち、避難はお願いすることとして、緊急で対応しなければならない時のために、いい訓練だったと思います。

 

DSCN5279もう一つは、施設の避難スロープを体験してみるということでした。これも、日ごろ使っていないもので、このような機会に体験してみるのはとても良いことだと感じました。以前やった時はあまりうまく滑れなかったように記憶していましたが、今日は皆さんうまく滑っていました。3.11の日に改めて、準備の大切さを感じ、たくさんのスタッフが参加してくれたことに感謝です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.