シャロームグループ 合同研究発表会

昨日、シャロームグループの三法人合同の研究発表会が開催されました。毎年、持ち回りで開催していますが、今年は、三育福祉会(横須賀)が当番で、はじめて、浦上台の障害者支援施設で開催されました。同じ理念を掲げている三法人です。その各法人から代表が集って研究・実践を発表、報告することで相互のレベルアップが図れることを願い、相互の交流も行うことで、いろいろな効果があると思っております。なかなかそれぞれの施設の研究発表会に大勢は参加できないので、当番になった施設は自分の施設でほかの法人の研究が聴けるという恩恵です。今後とも続けて行けたらと思っています。三育ライフ東京事業所は、看護課の看取りについての発表をしてもらいました。特養や、GH、重症心身障害児通所施設のわかばからもスタッフが参加しました。帰りは遅くなりましたが、いい研修、交流になったと思います。お疲れ様でした。

始まる前に、施設内を見学させていただき、施設長から丁寧にご説明をいただきました。高齢者施設と違うところ、工夫されているとことなど勉強になりました。

ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.